2015年6月19日金曜日

研究活動

今回のお仕事のトピックスは鉱山地震。日本に住んでいる限り地震というトピックスは否が応でも身近なトピックスではあるが、その研究がどうやって行われているのかは、さーっぱりわからない。

今回は研究プロジェクトということもあり、日本人の研究者の方々に色々とお話しを聞くことができた。みなさん大学の先生で、とても説明が上手!理系のバックグラウンドが全くない私にも解るようにとてもうまく説明してくださる。

それにしても研究活動というものは、本当に好きでないとやれないとしみじみ思った。ひとつのことを究極的に追求していくあの姿勢。飽きっぽい私には全然ないものなだけに、先生方のひた向きな姿勢はかなりまぶしかった。もちろん研究費の確保、ポジション獲得など、研究活動を継続するためには研究以外のことにも気を使う必要があって大変だろうとは思うけど、ひとつのことに集中して取り組んでおられるあの姿勢は、とってもいいなーと思う。

もちろん家族を養うため・・・という方向も間違ってはいないとは思うけど、今ここにいる子どもたちもできれば何か打ち込めるものを見つけて、それに没頭して、それで生きていけるお金が獲得できればいいなーと思う。だってね・・・起きている時間の大半は仕事に費やすのだから、やっぱり仕事は好きなことのほうがいいと思う。