2015年2月3日火曜日

久々インド! 関西のおばちゃんにならなあかんかった!

インド到着。昨日からムンバイです。で今日は別の州に移動。
ムンバイ到着後は空港で柵越しにずら〜っと運転手さんが並んでいたけど、無事に事前に手配してもらった運ちゃんを見つけられ。ただし・・・宿泊先がHotel Suba Internationalというところだったけど、やけに時間かかるなあ、確か空港から3 kmぐらいのところのはず・・・と思っていたら、Hotel Suba Gallaxyというところに連れて行かれた。どうやら同じ系列のビル?運ちゃんが警備員さんに確認して、また車で飛ばし・・・10分後にようやく到着。

まあ細かいことが発生するのがインド。しばらくこの感じ忘れてたな〜ということが朝から連発。東南アジアのレベルの高いところに慣れるのはある意味ようないな(=よろしくない)。

まず11時と約束した運ちゃん来ーへんやん!ホテルのガードマンさんが電話しろっていうけど、携帯ない!って行ったらガードマンさんの携帯でかけようとしてくれたので、10ルピーを渡した。結局運ちゃんに電話はつながらず、その10ルピー律義に返してくれたわ〜。そうこうしているうちに10分遅れで運ちゃん到着。そうそう、遅刻は当たり前・・・。30分早く時間告げておけばよかった・・・と後悔(←すっかり忘れていた)。

なんのことはない15分で空港に到着。やっぱり近かったやん!

さて、空港でチェックイン。お姉ちゃんが荷物の重量超過してる!っていう。実際は21.9 kg。20 kgまではOKのはずなんで、厳しいなあと思ったけど、しゃーないから支払うことに。で支払う場所は別なので、支払ってこいと言われ、Eチケットに書かれた文字をみたら「 6 kg excess」。なんで6 kg? 仕方ないからもう一度チェックインカウンターに戻って、お姉ちゃんに確認。最初「何で6 kgなの?」って聞いたら、こいつは単位分からんのか?あるいは支払う料金の計算式聞いているのか?と思ったらしく、説明し出すけど、ちゃうちゃう!「20 kgまでOKだから1.9 kgでしょ?この6 kgってどういう意味?」って聞いたら、あれ・・・?とEチケットを見返すお姉ちゃん。隣の男性職員に何やら聞いて納得したらしく、「I am saving your money.(←まけとくわよ!)」と恩着せがましく言われた。とにかくエクセスは支払わなくてよかったみたいなんで、よしとしたけど。全くインド人ってば油断ならぬ!おかしいと思ったことはトコトン主張しないといけない国だったと再認識。関西のおばちゃんに戻らなあかん!最近ぬるま湯に浸かってて、そういうの忘れてたわ・・・。

さてお次は、セキュリティー(保安検査)である・・・。それはまた次回に。