2014年11月23日日曜日

24時間、自由時間まんきーっつ!!!

出張に行くと、やっぱり自分の半身がいなくなったようで、やや淋しい・・・。

が!24時間自由時間!!!ひゃ〜うれしい〜。

もちろん仕事もある。私にとっては育児・家事以外は「自由行動」なのである。自由に仕事できる、しかも好きな時間に。これがとっても新鮮である。日本にいると夕方には子どもを迎えに行かないといけないので、どんなに仕事をノリノリでやっていても、中断せざるを得ない。私はスロースターターなので、乗ってくるまでに時間がかかるタイプ。ひどい時には、ようやく15時ぐらいからエンジンがかかる日もある(←まあこれはヒドイと私も反省するが・・・)。大概夕方頃は追い上げムードで仕事を進めているが、タイムリミットは毎日同じ時間にやってくる。で、中断。

その後、迎え、ご飯、歯磨き、風呂、寝かしつけ・・・と戦争のような日々。特に子どもには夜更かしさせたくないので、どんなに遅くても21時半には寝かしたい(しかし下の息子は男の子のせいか、体力が有り余っていて寝かしつけるのに最低30分はかかる始末)。でようやく寝てくれた時には、私も一緒に沈没・・・。

よっぽど切羽詰まっている時は、そこから起き出してPCに向かうが、冬は特に辛い。温かくなった布団から出たい人なんているとは思えへん。なので、諦めて明日に仕事を繰り越す。

しかーし!出張中は21時でも一人、23時でも一人、夜中1時も一人〜。めっちゃステキな環境。いつ寝ても私の裁量。片づけなければいけない作業があるなら、夜中の2時まででもやっていられる。超ステキ。

さあ、思いっきり仕事するで〜!と意気込むが、まあ人間そんなにうまくはできてへん。自由時間があるとなると、今ちょっと休憩してもまだ大丈夫やな、とつい油断して遊んでまう。ベトナムはやや残念だが、インドネシアやフィリピンには恐ろしい誘惑がある。それはAniMax TV。日本のアニメをひたすら放映するケーブルTV。もちろん日本にもあるけどみる時間なんてほとんどあらへん。東南アジアのAniMax TVは日本のアニメばっかり放映している。地元言語の字幕だったり吹き替えだったりとケースバイケースだが、最近は字幕が多い。となると日本語ネイティブの私には天国!(アニメの外国人吹き替えは勘弁して欲しい・・・日本の声優陣のクオリティーをなめてもらっては困る!)

先月のインドネシアでは、ちはやふる、Bleach、ハンターハンター、金田一少年の事件簿(これはやや古かった)、はやてのごとく2、K−on、氷菓などなど、堪能した。名前を知っていても日本では時間がないため、中々観れないアニメも観れて大満足。2011年にインドネシアに行った時は彩雲国物語と出会って、すっかり虜になったし。

帰りの飛行機では黒子のバスケの1話と2話が観れて、すっかりはまってしまった。これもすごく面白くて、シーズン3が2015年1月からTV放映されるとか。楽しみ〜。現在はちはやふると黒子のバスケが一押しで、漫画を買おうか検討中。どちらも高校生の青春を描いていて、ああーこういう青春もいいな〜って思わせられる。特に黒子のバスケのほうは恋愛はほとんど扱っておらず、ガチで男の子の青春が描かれている。これをみていると、ああー男子ってやっぱりええなー(私は男に生まれたかった)と改めて思った。二つのアニメはとってもいいので、娘や息子にこういう青春のオプションがあると示すためにも今からみせておりまする。娘はすっかりちはやふるにはまっている〔親子でアホやわ〜)。

しかしインドネシアの時はヤバかった・・・。ついついアニメに没頭してしまい、おおーっとレポートの〆切がああああ〜と何度叫んだことか・・・。私はまだまだ自己コントロールが甘い・・・。でもアニメには勝てませんわ・・・。